iPhone XSは国内でワイモバイル、外国でeSIMを

f:id:tak_jp:20190228095211j:plain

4月から5月にかけての10連休は、F1アゼルバイジャングランプリ観戦です。そこで、アゼルバイジャンと陸路で寄ってくお隣のジョージアとトランジットのトルコで「iPhone XSをそのまま使えるeSIM」を探していますが……ないようです。周遊向けっぽいサービスでもジョージアが難関です。

外国で使うモバイルサービスはGigSkyにこだわることなく、eSIMでは3HKなど新しいサービスも試していきます。Webでポチッて届いたQRコードをパシャりで設定完了ですから、革新的に簡単ですし、試すコストも低いです。

一方、国内で使うサービスは、固定もモバイルもソフトバンクに完全に落ち着きました。うちは端末代金や工事費の分割やら割引も終わり、まっさらな状態になっています。それでも光回線iPhone用の3回線あわせて月1万円を超えませんから、ずっとこのままでいっか、です。

請求額はソフトバンク光が3620円、(ソフトバンクの)ワイモバイルが両親分を含む3回線、それぞれデータ2GBと通話料のはみ出し込みでざっくり5500円です。オプション契約は、光BBユニットの500円とワイモバイルEnjoyパックの500円のみです。割引などは、光おトク割が3800円、株主優待割が光回線で950円とワイモバイルで500円です。

ワイモバイルは「会社として存在していた」のが、遡るとめまいがするほどのいきさつがあっていまはソフトバンクの「ブランド」です。どこかのタイミングでソフトバンクブランドに統合されるんでしょうね……。

ちなみに、株主優待をもらえるのはソフトバンクグループ株式会社(9984)です。いろいろな会社への投資事業が主で、旧称はソフトバンク株式会社です。モバイル事業などをガチでやっているソフトバンク株式会社(9434)は別会社で、旧称はソフトバンクモバイル株式会社です。こちらは優待はありません。ややこしいにもほどがあると思います。