高齢者にスマホのオプション契約てんこ盛りの件

f:id:tak_jp:20190226090358j:plain

高齢者である母親のスマホオプションが「使いもしないアレコレでてんこ盛りだった」ことが話題になっていました。街中のショップは、なんちゅー契約をさせているのかと。

twitter.com

妻の実家では、半年ほど前に家電量販店で「親切な」店員さんに「Dはなんちゅー契約をさせているのか」と言われて、やっぱり親切な店員さんにすすめられて契約したDのタブレットやらなんやらの違約金をたっぷり支払って解約し、自宅の固定回線もひっくるめてSに乗り換えていました。先日、妻が「Sはなんちゅー契約をさせているのか」と、Sの解約と債務放棄を宣言して、Aに乗り換えさせました。

私は……なんというか、お金が払えるならいいんじゃ?と思います。困窮しているひとではなく、悠々自適に暮らし、そのうえ高額な乗り換えキャッシュバックとかに興味ある強欲な高齢者なんですよね?

高額キャッシュバックの説明はしっかりと聞いて、契約でオプションのレ点するときは説明を聞いた覚えがありませんとか、通用しません。雰囲気で、理解できていないものを分かったふりする「契約行為への耐性のなさ」が問題だと気づかないと、いつかもっと大金を失います。

さて、私の両親の携帯電話やスマホ、実家の固定回線は最初っから私が契約し、私名義で、私が支払っています。言ってることとやってることが違いますが、まあ。ともかく、生前贈与を毎年ギリギリまで受けて、そのなかのわずかですが、面倒をみています。母親はスマホの使い方がわからないと、ショップに行って店員さんに聞きまくっています。そのたびに昔は「写真たて」、いまでは「お得な電気」を紹介されるようですが、本当によいものか分からないし契約は息子なので!で捲いています。

私も、頭悪いし物覚えも悪いので、契約のときは、何でも、何度でも聞きます。それでうまくいってるわけではないのが困りものですが。にゃー。