日本人が日本の不動産を買えなくなるのも近いのかなと

f:id:tak_jp:20190218105824j:plain

かつて「持ち家」は「信仰」でした。いまでは「持ち家」は「まともな社会人」として認めてもらうためのポートフォリオの一部になっています。

地方移住やホテル住まい、一生賃貸暮らしを推すのは、優秀なサラリーマンでも経営者でもありません。鋭い言葉を使うなら、たいていは「サラリーマン崩れ」です。「意識が高くて所得が低いと、持ち家否定派になる」です。都内では「どこそこにマンション買った」は間違いなくサラリーマンの正しい姿なのです。

ポータルサイトでは、住宅関連の記事が定番です。そして、住宅ローン破産、湾岸タワマンのヒエラルキーやマウンティング疲れといった「読者が優越感にひたれる」グローバル感ゼロのクソ記事ほど人気を集め、量産され、また目につくのループです。

現実は、都心や都市部の資産価値の高い物件から順に外国人が買い集めていっています。都心の好立地区分リノベ(リノベーションマンション)に限定すると、実感として外国人の割合は4割に達します。業者と会話しても「この2年は外国人ばかりですねー」です。日本人がいくら「これ買いたい!」と思っても、即決、即金、ゴリ押しの外国人に買い負けているんです。

日本人は「お金は労働で稼ぐもので、節約して貯蓄して守るが美徳」がベースです。多くの国は「投資、投資、投資」がベースです。住まいだって投資対象です。市場がオープンになればなるほど「汗水? スキルアップ? 貯蓄?笑」で投資慣れした外国人が順番に買い集めて、残りモノを日本人が拾っていく構図ができあがってきます。

会社帰りにスマホで読むクソ記事に溜飲を下げて満足するか、グローバルの流れに乗ってポートフォリオを完成させるか。現実は、子どもにグローバル人間になってほしい親ほど投資教育を嫌い、一方で資産価値的に謎な不動産にローンを払い続け……なぜか英語とプログラミング教育を!なんですよね。