一年前に会社をつくったときに楽しかったこと

f:id:tak_jp:20190125085137j:plain

今週はなにもやる気を起こさなくてよいことにしています。ずっと、新しい名刺をつくっていました。昨年の今ごろも、銀行の法人口座を開くためにWebサイトと名刺をつくり、名刺の住所と固定電話のために事務所を借り、事務所の備品やいろいろなサービスの支払いのために法人クレジットカードを検討し、法人クレジットカードの引き落としのために法人口座を……あれれ? とループにはまってしっちゃかめっちゃかやってました。

会社のWebサイトは「グーペ」です。1時間で仮オープン、半日で金融機関の審査に耐えうるサイトが完成です。ひとり社長はWordPressはもちろん、海外のWIXやJimdoなどこじゃれたやつとか使っちゃいかんです。「グーペ」は長いあいだやる気が微妙だったのですが、昨年から元気です。SSLが無料になり、期待以上の出来のiOSアプリも出ました。あとはMarkdown記法に対応したら最強です。WordPress以外はSEOが云々と言いますが、せこせこやるより、Googleマイビジネスに乗っけて広告打てばOKな時代ですし。

名刺の作成はどこでもよいと思っています。発注ではいきなり「紙の重さは180kg? それとも220kg?」みたいな業界慣習をぶん投げてきますので、まずは重い方でマット紙。印刷方式はオフセット一択です。安価で納期も短いオンデマンド印刷が主流だそうですが、値段なりに安っぽいだけです。デザインは手元にある名刺をいくつも足して割って水増しです。私はPowerPointでつくってPDFで保存してそのままWeb入稿です。

備品などは法人・個人事業主向け購買サービス「Amazonビジネス」が役立ちますが……ひとり社長では必須ではないです。個人と法人は別アカウントながらアプリは共通のため、二因子認証をしている私などはアカウントの切り替えがとにかく面倒です。個人に統一し、決済のクレジットカードを切り替えるだけで十分です。ただ、ビジネスだけの一律5%割引セールがあったり、いまも10万円買うと1万円のアマゾンギフトを還元といった、本家にはない異常な大盤振る舞いがあります。

支払い手段としてのクレジットカードは、サラリーマンをやめる前に妻が「もう作れなくなるからゴールドは申し込むべき」と熱かったので、なんちゃってプラチナをもっています。ただ、いまでは開業したばかりでも、法人ではなく個人のクレヒスで審査するビジネスカードがすぐ作れますし、作れました。経費をクレジットに集めることを考えると、限度額の一点において、ゴールド以上でないと役に立ちません。

ほかにも書きたいこと山ほどあるのは、きっとあれこれ調べているときが楽しかったのでしょうね。たしかに、アレを調べるとコレも調べることになり、コレを調べると……と次から次へと出てきて、なんかもやっとしてるなーってときに脳が「これだ!」と反応するピッタリな何かを見つけるのが、たまらなく楽しかったのです。