AIでやってほしいこと

f:id:tak_jp:20181010085932j:plain 電話の自動応対、いいなあ……。グーグルが発表した新しいスマホは、AIてんこ盛りでおもしろいです。日本の市場はあいかわらず軽視というか、アップルの後追いではありますが、まあ。

電話の自動応対があれば、営業電話がかかってくるたびに電話番号検索して云々といった重労働から解放されます。こういったAIならではの機能を日本向けにも提供して、成熟させればiPhone一強も揺らぎそうですが……。

あわせて、Androidタブレットは消えて、ChromebookのOSを採用してリフレッシュさせたようです。2年ほど前からChromebookAndroidのアプリが動くようになっていましたから、さらに「ChromebookiPad ProやSurface Proの高価格帯で売りたい」ための心変わりなのでしょう。

先月、私は発売以来ずっと使い続けていたiPadを手放しましたが、いまでは「タブレット、なくていいでしょ」を確信しています。iPadでユニバーサルアプリが動こうが、Chrome OSAndroidアプリが動こうが、画面がデカいだけという中途半端なアプリは結局使わなくなるだけです。

文書入力も、iPhoneを使っています。ほぼ100%です。Bluetoothキーボードに加え、音声も使っています。このブログをすべて音声入力で書いたこともあります。もちろん、少しの修正は必要です。リマインダーで「水飲み器の掃除をする」としたくても「水野美紀の掃除をする」で登録されてしまいます。

長文もiPhoneのWordです。Wordのスマホモードが本当に素晴らしいのです。標準のメモこそが至高だと思っていましたが、Wordの素晴らしさを説いたブログを参考に試したところ、ハマりました。OneDriveを介してPCのWordと行ったり来たりできるので、本来は気合入れて書くときはPCなのでしょうけど、iPhoneで書く方が集中できるのが面白いところです。

マイクロソフトにはSwayという買収したアプリもあって、これは文章の中身にあわせた画像をネットから自動的に見つけてきてくれました。ブログの画像選びは実はとっっっても面倒なので、このAIっぽい機能がWordにもついたらブログ書きもWordに切り替えです。できれば、ブログもAIが書いて……。