2018年は扇風機を買うときにバルミューダか無印良品かで迷うわけですが

f:id:tak_jp:20180604074902j:plain 寝室用に扇風機を買いました。東京では、毎年のように言っている気がする「今年暑くない?」が続いているので、ノリと勢いだけで買いました。今度は無印良品の扇風機です。

扇風機を選ぶときは、まずググります。お役立ちサイトがたくさんあり「うーん、バルミューダってやつがいいんだね。高いけど、いいんだね」となると思います。ダイソンや国内大手、ジェネリック家電と呼ばれるものなどありますが、実績からも扇風機はバルミューダ一択の風潮があります。

わが家もバルミューダ信者でしたので、扇風機、暖房(スマートヒーター)、加湿器(RAIN)、空気清浄機(なんとかジェット)、トースターと買い揃えてきました。ただ、目黒のマンションを売ったときに、買主の方が「いいなバルミューダ、いいなー」だったのでほとんど置いてきて、残っているのは暖房だけです。

バルミューダ家電のデザインや機能のシンプルさはすてきです。ただ、ACアダプターなんですよね。バルミューダ=ACアダプター*1。これが実にいけてなくて、本体までのケーブルが細くてちまっと貧相になることはもちろん、わが家では猫が食っちゃうのでガードをぐるぐる巻きにして、生活感丸出しになります。

「そういえば、無印良品の家電ってバルミューダOEMしてたよね」。そう、無印良品から、「バルミューダの空気清浄機の形状が違うタイプ」が出ています。そして、電源は本体内蔵です。ACアダプターではありません*2

「それじゃ、無印良品からバルミューダOEMの扇風機が出ていれば解決!」。無印良品のページをみると、おお! バルミューダ風味な扇風機がある! 期待できます。ACアダプターではありません。電源内蔵です。

結論からすると、無印良品の扇風機は三菱電機OEMでした。OK、私は三菱電機大好きです。子どもの頃から三菱電機の扇風機で育ちました。夏に風に向かって「あああっ」ってやってたのも三菱電機の扇風機です。

無印良品を買うならLOHACO」でいいんですよね。期間限定で割引され、600円引きのクーポンが使えて、Tポイントがごちゃっとついたりで、結局何円で買ったのかまったく分かりませんが、得した気分にはなっています。届くのも注文の翌日です。

さて、無印良品バルミューダの扇風機対決は……いやー、なんというか、アレです。やっぱり「所詮、扇風機は扇風機」なので、好きなのを選べばよいというか、バルミューダの開拓精神は買うけど(買ったけど)、この価格差があるのならいまは無印良品三菱電機)一択な気がするなあとか思います。

無印良品の扇風機は、三菱電機の扇風機として家電リモコンにも登録できました。家電リモコンに登録できたからには、アレクサでも、たぶん、操れます。ほんとは「アレクサ、扇風機つけて!」ではなく、天井の照明を暗くしたら照明が消えるタイマーをセットして、エアコン弱めて扇風機をつけて、すべての家電のLEDをオフにするとか自動でやってくれると嬉しいんですけどね。

*1:キッチン家電とスマートヒーターは直接コンセントです。「電源を本体内蔵にすると開発コストがかさむ」のが外に出している理由らしいですが、バルミューダ毎年恒例の超地味な型番更新のタイミングで対応してくれると嬉しいですね。

*2:中国のシャオミからはバルミューダと寸法も内部構造も違わないものが出ていますが、あれは開発のトップがシャオミに転がってごにょごにょなんですよね。丸パクどころか進化もしていて、バルミューダと違って電源内蔵なので欲しくなりますが「買ってはいけないという理性」が勝っています。