日大アメフト部にこじつけて「日大桜門会館が迷惑」なことを

f:id:tak_jp:20180525081210j:plain

「日大アメフト部」が話題です。妻も私も、自分たちの人生に関係ないものには興味がなく、この「日大アメフト部」にも興味がなかったのですが、日本大学が市ヶ谷にあることを知ってびっくりしたので書いてみます*1

吉祥寺の同じ敷地にある学校に小学校から大学まで16年間通い続け、部活などの交流戦で一緒になる学校以外のことは縁がなく何も知らない私でも、日本大学が大きな大学であることは知っています。それが「いま暮らす市ヶ谷に日大はある」というラジオからの情報に、びっくりしたのです。

市ヶ谷界隈にあるのは家政学院大学や上智大学、法政大学だけだと思っていました。大学以外では、華僑のご子息が通う東京中華学校に、お嬢様度高めな雙葉があることも知っています。日本大学、いったいどこにあるんだ?と思うわけです。

ググると、市ヶ谷にあるのは日本大学の「本部」だそうです。本部、なにそれ? 少なくとも、学生が通う校舎はないようです。市ヶ谷にはその本部にくわえて、通信教育の事務所と、日大OB用の施設である「桜門会館」があるそうです。

「桜門会館」……。あれか!

どさくさにまぎれて書きますが、日大の桜門会館は迷惑なんですよね。その建物は、一方通行の道路に面した場所にあるのですが、日テレ通りから黒塗りの車で一方通行を逆走する場面を何度もみています。黒塗りテカテカなクラウンやらレクサスやらをみると、また逆走するんじゃないか?と身構えるほどです*2

飲酒運転じゃない?と思わせるような場面にも出くわしています。この、住宅街にある会館ではお酒が飲めるんです。夜遅くに、体のでっかいおっさんたちが大声出しながら近所迷惑顧みず大勢でぞろぞろ出てくるんです。その歳にもなって、部活やサークルの新人歓迎会のノリかよと、いたたまれなくなるんです。出入りしているひとたちも「風格がある」ではなく「威圧的」なんです。

「ある程度地位がある者は、すべてにおいて手本にならなければならない」ではなく「自分には地位があるから、なにやっても許される」と思ってるフシがあります。百歩譲って地元でやるのは勝手ですが、それを卒業校を名乗ってOBが集まる場所で、平気でやってしまえるところに闇を感じます。

というわけで、今回の件をきっかけに自浄作用がはたらき、このような彼らの飛び地的な無法地帯もよくなるといいなあと思っています。そして、つくづく、自分たちの人生に関係ないものにはほんとうに興味がないのだなあと思います。

*1:アメフトは学生時代から観戦にも行っていますし、ルールもばっちりです。東日本の震災後には、当時の勤め先で仲のよかったアメフト部のひととボランティアにも行っていました。アメフト部基準で仕事を選んだので、夏まっさかり、そこで一日中泥をすくう超過酷な現場でした。

*2:車でのアクセスがとても不便な場所にあり、慣れていないと必ず迷うと思います。そんな場所に「日本で一番大きな大学」が会館なんて作るなよと思うのです。