起業したばかりの会社は「ラジオをかけっぱなし」がいいかも

f:id:tak_jp:20180508072614j:plain 麹町にある事務所での仕事中はラジオを聴くようになりました。ずっとTOKYO FMです。朝8時すぎの「中西哲生のクロノス」からはじまり、「住吉美紀のBLUE OCEAN」、「高橋みなみのこれから、何する?」を楽しく聴いています。

ふだんはふたりで仕事をしているので、仕事場でBGMに何を流すか、そもそもBGMはいるのか、音量はどのくらいがいいのか、スピーカーはどうするかなどどうでもいいことを悩むのも仕事のひとつです。

はじめのころは、Amazon Musicの「こじゃれた喫茶店」風味なチャンネルを流していました。無難です。しかし、気分も盛り上がらず、仕事が思ったほどすすみません。学生時代にやっていたテクノ、松田聖子中森明菜といった80年代アイドルのチャンネル、名盤といわれるようなピーターバラカンが絶賛しそうなアルバムなどもかけてみました。しだいに、ほんとうにBGMの選曲が仕事になりそうだったので困ってました。

結局、ラジオに落ち着きました。部屋はいる、照明つける、空調つける、サンダルに履き替える、電話機の転送切り替える、PCの電源いれる、ラジオつける、仕事はじめる、です。

シンプルになりました。「日常の意思決定は最小限にする」行動というのも、経営者のお手本っぽくていい感じがします。ラジオはiPad Proにradikoを入れてあるので、内蔵スピーカーで流すだけです。私がいなくなるとiPadごとBGMもいなくなりますが、まあ、いいでしょう*1

余談ですが、ラジオパーソナリティもやっている住吉美紀さんは、妻のネコ仲間でもあります。同じ猫種を、同じキャッテリーでゆずってもらいました。キャットショーでも一緒だったと思います。

ilove.cat

*1:radikoiPadに最適化してほしいですね。Amazon Echoも「アレクサ! ラジコでTOKYO FMかけて!」だけでOKなので検討しましたが、Fire HDが日本でもAlexa対応したらいらなくなってしまいそうなので、ソレ待ち中です