SUUMOデビュー

SUUMOへの出稿を完了しました。やっとネット集客型不動産屋になりました。

SUUMOは、とにかく時間がかかりました。2月の会社設立と同時に問い合わせをするも、宅建番号がないと問い合わせすら受け付けないとつれない返事でした。番号がふられ、東京都のWebなどで公式に確認できるようになっても、保証協会を使う場合、つまりほぼすべての業者の場合は物理的な紙の免許証を受領していることが前提になります。

私どもの場合は、3月19日の宅建業免許証受領のあとで審査を通過し、内容を検討したうえで3月31日に申し込み、4月11日から広告開始です。冒頭に書いたように審査は「まずは免許を受けて宅建業として100%確実に開業をしている証明があること」が原則です。したがって、宅建番号の通知だけではダメでした。銀行口座は宅建番号の通知だけでOKでしたが、さすがにSUUMOは厳しいです。

申込などそれぞれに締め切りと反映日があります。

私どものように「4月の中頃には広告を出したい」となると、まず毎週水曜日が最初の開始日であるため、2018年であれば4月18日(水)、11日(水)、4日(水)のいずれかで始めるかを決めます。4月11日(水)であれば、その前の週の月曜日に申し込みを完了する必要があります。つまり4月2日(月)までに申し込みをします。

申し込みをするためには申込書作成を依頼するため、さらに前の週の火曜日くらいまでには営業担当に依頼します。つまり、3月27日(火)までに営業担当に依頼します。

そして、その前に宅建の免許証をPDFにして営業担当に送り、たくさんの説明を受け、吟味する必要があります。

振り返ってみると、さらに1週間の前倒しは不可能ではなく、何らかの方法はありそうですが、現実的ではありませんね。ひとまず、SUUMO出稿も最速だったといえます。

昨年たてた計画では、開業とほぼ同時にSUUMOでの広告をするつもりでしたので、予実としてはよろしくない状況になっています。こればかりはほんと私の情報収集不足に尽きるので、反省です。別の始め方もあったでしょう。