サイトの修正依頼を終えて

不動産屋さんにもいろいろな形態があります。多くの方がイメージするのは賑やかな商店街などでたくさんの看板やのぼりを立てて集客をしている、主に賃貸を扱う路面店でしょうか。フランチャイズがほとんどですので、コンビニと同じで実態は個人商店ですね。売買ですと、謄本とって勝手に個人情報を収集してポストに投げ込まれる、財閥系不動産販売会社が思い浮かぶでしょうか。

近ごろ急増しているのはネット集客型です。SUUMOなどの大手不動産ポータルサイトに物件情報を広告として出し、そこからの流入で顧客獲得をしていきます。

カイヤナイトも、すてきな応接スペースやオフィスを構えていますが路面店ではありません。よって、ネットでの集客が必須です。

いまでは、物件やお客様の管理から物件情報のポータルへの掲載、マイソクと呼ばれるチラシづくりや各種契約に必要な書面なども一貫して対応できるクラウド型サービスを使ったネット集客が主流のようです。賃貸と売買、その他業者間流通に対応するメニューを用意して、必要なサービスにお金を払う仕組みが一般的で、どの不動産屋も手間をかけたくないのか、賃貸向けが充実している感じですね。賃貸なら現地みないで契約できる時代ですし、ネットとの相性もよいのでしょう。

どのクラウド型サービスを選ぶかで集客力が変わり、つまり売り上げも変わってくるとのことですが、まあ、いまさらながらあまり信じていません。笑。

ほぼすべての会社が提供する資料もダウンロードしてみましたが、すべて初歩的すぎるのです。これを改めて説明しなければならないほど不動産業界のネット活用はまだまだなんだろうなと、安心できたりもします。かといって、WordPressで自分で構築するほど技術よりでもないので、大手にお任せすることにしました。

仮サイトができてからおよそ1か月、いじる時間もなく放置していましたが、うーん、なんというか……なんというかですね。待たせて申し訳ないこともあり、10個近くの修正依頼を出しましたが、よほどの集客力がなければ2年目からは使わないと思います。まだまだ新規参入の余地がある分野のようです。