ちよくるをApple Watchで使ってみた

千代田区をはじめとした都心部には、自転車シェアリングサービスがあります。千代田区は愛称「ちよくる」ですが、各自治体が同じサービスを別名で読んでいるようで、ちょっとややこしいです。ともかく、麹町のどこかのビルで自転車にのって、どこかのビルや公園などで降りて目的地までちょっと歩くだけ、といった移動ができるようになります。法務局や区役所はもちろん、秋葉原、築地、赤坂へも使えます。

料金は1回150円のコースと、月額2000円のコースが選べます。何日自転車を使うか、ではなく、何回移動して駐車するか、で考えるもののようです。たとえば、1時間でも、麹町オフィスから小川町の行政書士事務所に行って1回(26分)、そこから麹町税務署に行って1回(15分)、そこから麹町オフィスに行って1回(15分)、計3回移動したと考えます。計3回ですから、150円の3回分で450円になります。ですので、数日使うくらいなら、とっとと月額2000円のコースにするのがよいわけです。

麹町界隈ではタクシーも簡単につかまりますから、タクシー移動が中心でも問題ありません。自転車をこぐのは、中年の運動不足解消のためですね。雨の日はタクシーにするでしょうし、あとは、花粉の季節をどうするかですねぇ。

使用するための登録は、私には分かりにくかったです。サイトではスマホをカードとして登録できると書きながら、iPhoneの特定の機種はできないとも書いてある。いつつくった説明なのかわからないから、自分の機種が対応しているかどうかが判断できない。対応しているもの、対応していないものがそれぞれ書いてあるが、網羅的でないので、そこから漏れたものの扱いがわからないという、ある一時点の状況だけでつくってしまったような、よくあるお役所仕事的な説明なのです。

逆に、それくらいガバガバならなんでもアリなんだろうとApple Watch(Series 2)で登録したら、難なくできました。

1. 登録サイトから会員登録をして、メールでコードを受け取る

2. 自転車のカードリーダで、START → ENTER と押したあとで受け取ったコードを入力する

3. Apple Watchの大きめボタン2度押しでカード画面にして、Suicaを選んでカードリーダーにかざす

4. 登録完了の表示になったらOK

ちなみに、料金はSuicaから引かれるのではなく、登録したクレジットカードに課金されていきます。

また、法人会員で登録すると、請求書払いや利用時間無制限などに対応する一方で、物理的なカード発行が必須となり、Apple Watchは使えなくなるようです。カードを従業員の間で共有して使い回す、といった利用方法を想定しているようですが、なんというか、20世紀的な発想にしばられていますなあ。