小さな法人は、どの法人向けECを選ぶのがよいか

事務所を開設すると、想像以上に多くの文房具やオフィス家具が必要になります。いちいち比較して、安いお店を、ポイントがつくお店を、なんてやってる時間があればほかのことやりますから、使い勝手のよいサイトひとつにしぼるのが理想です。

日本では昔からカタログ系の法人向け通販が主流です。しかし、小さな法人では稟議プロセスなどないわけで、Webからちゃちゃっとポチれる方がよいです。配送も、レンタルオフィスではフロントで対応してもらえるとはいえ、事務所にだれもいないことも多いですから、配送時間が選べたり、配送ステータスがWebやアプリから確認できる方がよいです。

で、私の小さな法人で有名どころをあれこれ使ってみましたが、どうやらアマゾンビジネス一択になります。

日本の法人向け通販は、スマホ向けアプリがありません。あっても、カタログをPDFでみせるような、冗談としか思えないつくりだったりします。レスポンシブ対応なWebがあればいいでしょ、って考えなんでしょうかね。いずれも、大企業で、総務部などが各部門の希望をとりまとめて発注することに最適化しているように見えます。フォーカスがそこなら、スマホ対応いらないですね。

また、日本の法人向け通販は、発送の時間指定ができず、さらに発送のステータスもわかりません。これまた、ちょっとした会社なら必ず「受け取れるだれか」はいるわけで、どこかの平日の業務時間帯に届ければOK、という感覚なんでしょうね。

さらに、こちらが不在でもなにも連絡してきません。これは1社だけですが、ほんと、連絡なしです。休日はさんで4日たって連絡ないのでこちらから窓口に電話し、延々と待たされ、会話すると「不在で持ち帰って、いま配送中のようです」と。発送や到着の予定日などは通知されますが、どこにも再配達などのステータスまでは表示されず、窓口に電話しないと確認できないという。この問い合わせの時間が、ほんとムダに感じます。アマゾンのデリバリープロバイダもたいがいですが、ずっとマシです。

そのうえ、その1社は、注文の都度、発送先の名前を変えることができないので、注文後に「事務所の名義変更中であり、今回だけ宛先に○○を加えて併記してください」とメールしたら、しばらくたってから「ホームページから名義変更をすると宛先も変わります。こちらでは対応しません。自分でやってください。間に合わないこともあります」と、ここだけWeb対応か! それこそ、例外は対応しない外資的ノリで対応してくるのは困ります。カタログをWebにしたのでオペレーションもカタログに倣っているのでしょうが、こちらはWebネイティブなサービスとして使いたいんですよね。

くどくど書きましたが、アマゾンビジネスはすべてにおいて不満がありません。日本の法人向けECは、小さな法人にとっては、使いにくいのひとことでした。