サラリーマンのマンション投資にくどくどと

元同僚からの「投資用マンションを考えている」「投資用マンションを買ったんだけど」といった相談がまだまだあります。「考えている」も、ほんとは買っちゃったんじゃないの?という内容だったりします。業者は「高収入で、借金させやすいサラリーマン」に…

家事を「手伝わない」ことが長続きのコツ

わが家は共働きですが、夜ごはんは妻が毎晩、帰宅してからつくっています。その間、私はリビングで本読んだりテレビでDAZNみたりスマホいじったりしながら妻の話し相手になるだけで、手伝いはしていません。 「揚げ物はオレに任せろ」「盛りつけたお皿並べる…

ワイモバイル歴20年で契約を見直すも……

個人用の携帯電話/PHSはワイモバイルをDDIポケット時代から20年にわたり使い続けています。iPhoneが出てからソフトバンクとも契約したり、Xperiaを使うときにドコモとも契約した記憶がありますが、メインは変わらずワイモバイルです。 20年使い続けているワ…

酒のつまみにテレビゲーム

ゲーム「Rez Infinite」で世界ランキング3位まできました。Direct Assaultというもっとも長く厳しいモードです。7月の頭にSteam配信で買ってから、飽きることなく、まだやっています。 「3位? 1位だけが勝者だ。2位だって敗者のトップに過ぎない」。そのと…

学区とプログラミングと英語スキル

妻と私と猫が暮らすマンションは、日本有数の名門校あるいは日本最高峰ともいわれる公立小学校や中学校の学区にあります。華僑のご子息が通うことで有名な小中高一貫校や、「お弁当箱を包む布がエルメスのスカーフ」というお嬢様学校も近くにあります。教育…

「マスターとスレーブ」の死語化と不動産業界

Pythonという、今どきなプログラマーや技術者の間でもっとも人気が高いプログラミング言語があります。その言語の開発において「マスターとスレーブといった用語は、奴隷制度における主人と奴隷を連想させるため、ダイバーシティの観点でその使用は避けるべ…

「健康になるためなら死んでもよい」で稼ぐひとたち

先週、父の二度目の心臓外科手術が成功しました。同じ日に飼い猫も「また別の病気じゃないか!」で動物病院にかけこみましたが、なんともありませんでした。札幌に暮らす妻の父親は末期がんですが、先日の大地震の影響かすっかり前向きになりました。 私も45…

新しいiPhoneを発売日に手に入れる

昨年11月4日に発売されたiPhone Xは、発売日にアップルストアの「キャンセル分の予約とピックアップ」で手に入れました。発売日当日にストアアプリを何度も見て「店舗で当日受け取れるキャンセル分在庫」が出ていたら勢いで注文して決済して、店頭に行って受…

震災と住宅ローンと「新築 vs 中古 vs 賃貸」

先日の北海道地震が激甚災害に指定される見込みとなりました。関連して「住宅ローンは激甚災害に指定されると減免される」場合があることを、不動産屋として触れたいと思います。 自然災害によって住まいが壊れた場合も、住宅ローンの免除は原則「ありません…

iPhone XS MaxがあればiPadを手放せます

新たに発表されたiPhone XS Max。妻と私とでSIMフリー版を1台ずつ買います。妻はiPhone 7 Plus、私はiPhone Xを使っています。あわせて、iPad Pro 10.5は手放します。 先月の10日間ほどの海外旅行には、それまで旅には必携だったiPadをおいていきました。iPh…

不動産投資としてのデータセンター投資

「はてなブログ」を支えるAWS(Amazon Web Services)がデータセンター事業者かというと、そんなことはありません。AWSはデータセンター施設は自社では一切もたず、他社のデータセンターをフロア単位あるいは棟単位で借りて、クラウドを構成する機器をたっく…

さくらインターネットの奇跡とAWSを比べる

東証一部にも上場しているさくらインターネット社のデータセンターが「北海道の地震による停電を奇跡で乗り越えた!」と称える記事が出ています。 ascii.jp 記者のテンションが高いこともありますが、「本当に奇跡、想定外のことにもすばらしい対応をした!…

NGT48「世界の人へ」で極東ロシア旅を思い出す

ウラジオストクで各国首脳が集まる東方経済フォーラムが開催されるというのでググると、「NGT48がウラジオストクで撮影したMVがあるよ」と出てきました。楽しげな歌と踊りに魅入っていました。 NGT48「世界の人へ」の撮影は、私たちがウラジオストクを訪れる…

病気の猫と心の余裕

飼い猫のロシアンブルーの血液検査など、いつかの検査を動物病院でまとめて受けてきました。腎不全のステージ2と診断されての緊急入院から3か月が経ちました。7歳半くらいのオスです。 検査の結果は、驚くほど良好でした。お医者さんが一番驚いていたくらい…

サラリーマンが考えていた不動産投資

私は5年半ほど前に収益物件を渋谷や目黒で探していました。2000万円から2500万円の物件を2件。5000万円もの融資の仮審査は、仲介も推薦するスルガ銀行が「OK」を即答してきました。書類は源泉徴収票を出しただけ、規定条件は「昭和57年以降(新耐震基準で建…

「地盤」がもたらす安心や安全

札幌にある妻の実家は、昨日早朝の地震で「震度5強」の地域でしたがさいわいにも無傷でした。大量の蔵書は散乱したものの、屋根も登って調べたけど問題なしだったそうです。旧耐震基準で建てられた木造戸建です。 一方で、NHKの夜のニュース番組では妻の実家…

「家族の幸せのため」に家を買う

「家を買う」も転職や起業と似ています。人生、「お金」があればどうにでもなります。少なくとも、多くのことはお金で解決できます。そして「家を買う」は「お買い物」ではなく「レバレッジ10倍や20倍の超ハイリスクなガチ投資」です。十分なお金がないのに…

その転職は本当に「家族の幸せのため」になっているか

転職や起業のきっかけや目的は「隣の席のひとがイヤ」から「自分の力を試したい」、さらに「世界を変えたい」までいろいろとありますが、小さくもなく、大きくもなく「家族の幸せのため」だとうまくいくと思います。 「家族の幸せのため」が、ほんとは自分の…

「嫁ブロック」を確実に突破する方法

5年前の今ごろ、妻と新婚旅行に出かけていました。グーグルフォトが教えてくれました。お互い、新婚旅行やその手の旅行は何度目かだったのですが、ともかく、新婚旅行は行きました。 妻と私は「私の転職先入社日の前々日」に目黒区役所に婚姻届けを出しまし…

新卒カードをベンチャーに使ってはダメでしょう

新卒での会社選びのメモです。よく言われているようですが、新卒の学生が世の中のブログや雑談を信じたり、意識を高めたりして、うっかりベンチャーに行く必要はありません。新卒が目指すべきは「大手企業一択」です。 「だれもがうらやむ優良大企業の内定を…

将来受け取れる年金額といま自分が支払っている税金や保険料

先週はいろいろが一段落したことで、起業してから放置していた「健康保険 厚生年金保険 新規適用届」を出すことができました。サラリーマンやめて法人作ったら「必須」の、年金関連の手続きです*1。 この手続きは、たとえ「社長ひとり会社」であっても、従業…

お金の節約とダイエットは「目的を達せられない」

毎月の体重と体脂肪率の推移です。体重、体脂肪率ともに、変わらず地味に目標値に近づいています。夕食をたっぷりとったあとにiPhone ヘルスケアアプリ対応のやっすい体重計にのっています*1。数値は「月ごとの推移」だけをみています。 8月はその3分の1を海…

SESAME miniが出るわけですが

ふつうのドア鍵をスマホ対応の「スマートロック化」する「SESAME」の新製品が出るとの記事がありました。 www.itmedia.co.jp 私は旧モデルの「SESAME」をレンタルオフィスの事務所で使っています。穴をあけたりの加工は一切いらず、装置を、物理鍵を覆うよう…

サラリーマンは不動産投資をすべきかという話

サラリーマンにとって一般的な「都心コンパクトマンション 2000万円を2部屋」の不動産投資は、「あわせて4000万円の資産を頭金10%の表利5%で25年間運用して、売却価格は3700万円だったとして、頭金と同額の400万円を投資した先進国株式インデックスをアウト…

『人を動かす』式の経費泥棒退治

私が「優秀なひとが集まるある会社」にうっかり勤めていたときの経験です。「Takさん、ぼくに5分時間をくれるかな」。直接だったか電話だったかは忘れましたが、ともかく声掛けされて役員室に移動し、そこで「15秒で、あるサービスについてグローバル企業の…

「謝らないひと」と「必要以上に謝るひと」

顧問先の会社の「謝らない」従業員が今月末で会社を去ることになりました。麹町の同じ事務所で仕事をする60歳近い方です。職務規定違反に関する注意と改善要請にもかかわらず、むしろひどくなったことが退職の理由です。 彼は12月末での退職(解雇)予定だっ…

「挫折? なにそれ」でもよいのではないかという話

「失敗談、挫折話」をビジネスに取り入れるのは、実験の一日目にしてとん挫しそうです。人生ずっと楽しく過ごしてきた「挫折? なにそれ」なお客様と話し込み、自分がお客様を選べるとしたら、これからも同じようなお客様を選びたいと考えたのでした。 どう…

「挫折したことがある」は本当に強みなのか

先日、外資IT業界時代のお客様に「つもる話もあるでしょう」とお声がけいただき、いま「クソ忙しい」元同僚も時間をつくってくれて一緒に東武線沿線で飲んでいました。 その場で、自分のことながら初めて気づかされたのは、私は「挫折したことがない」のでは…

外国人が日本に向かい、日本人が外国に向かう

港区、渋谷区、千代田区など都心中心の住宅情報誌である『都心に住む by SUUMO』には「外国人に聞く I LOVE TOKYO論」というおもしろい連載があります。「東京の好きなところ」を通じて、文化の違いなどが垣間見れて興味深いのです。 そんな『都心に住む by …

ロシアの不動産を買ってみるのはどうだろう

トルコリラショックを発端に新興国通貨が大きく下落し、先日旅したロシアのルーブルも同じく下落しました。昨年妻がモスクワを訪れたときは1ルーブル=2円ほどだったのが、お盆休みの旅の頃から1ルーブル=1.62円といった水準になっています。 この安値の水…