最後に、市ヶ谷時代のトラブルと専務との思い出

f:id:tak_jp:20190305085503j:plain

就職氷河期に私が新卒で入社した市ヶ谷の会社は、当時の三菱銀行の系列にある、安定のイメージが強いシステム子会社でした。匿名掲示板では「IT業界の公務員w」などと言われ、うんうん頷いていました。

私は入社3年目から、ある新聞社の購読料回収代行システムWindows NT化のプロジェクトマネージャーをつとめました。他社が構築したNECACOSからの移行でした。顧客調整や予算など予実管理をしながら、設計もコーディングも手伝うなんでも屋です。NetWareが全盛で、NTは3.51から4へ、Oracleは6から7へ、そしてIBMがNetfinityを出荷し始めた、Windowsサーバー黎明期です。

経験ゼロのプラットフォームながら、結合テストまでなんとか力技(徹夜と土日作業)で完了し、ストレステストも終えました。しかし、本番稼働でトラブルが発生しました。佐川急便の発送用伝票の印刷ができないのです。膨大な量の伝票印刷データがスプール溢れをおこしていて、どうにもできないとすぐにわかりました。大量のゴミとムダが発生することから、ストレステストでは省いていた処理でした。

ほどなく、15人の同じ部門のメンバーが作業場に来ました。ぎゅうぎゅうです。私自身がなにがなんだか状況をつかめてないと「とにかく行け。手伝うことがあるはずだからって言われた」と。課長も、私の教育担当だった常に激務の先輩も来ていました。

全員で膨大な量の複写式伝票をひたすら手書きしました。間に合いました。少しすると専務が、それを見計らったかのようにお詫びのために作業場にみえました。専務はトラブルの間はお客さまとも電話で直接連絡をとり、プロジェクト中もお客さまの社長と会ったり、意識だけ高く未熟な私の知らないところで強くサポートしていただいていたそうです。菓子折りは、すぐに作業場のみんなの食料になりました。

いつでもどこでもだれかに支えられ、助けられているんだと改めて認識した瞬間でした。そのときの専務のスマートな、そして本質的な責任の取り方は私の目指す具体的な姿になっています。社長賞などの賞は、助け、支えているすべてのひとに感謝できる特権なのだと認識するようになったのも、この頃からです。仕事で定義される成功は、いかにお客さまと仲間に恵まれていたかを示すなにかだと思っています。

防衛省のなかに入れるツアーに参加して昔を思い出す

f:id:tak_jp:20190304070523j:plain

先日、防衛省のツアーに妻と参加しました。平日のツアーは予約すればいつでもOKのようですが、休日の開催は珍しいようです。ネット申し込みの事前抽選で、100人近く集まったと思います。市ヶ谷台にありますので、自宅から歩いていきました。

お前らほんと軍事もの好きだよねぇ……なんですが、防衛省はそこかしこに戦車や砲台があるわけではなく、いたってふつーの事務所エリアです。そして、資料館があり、慰霊碑があるのでした。

防衛省のなかに入ったのは二度目です。10年近く前に、IT会社での仕事でイスラエル人に同伴したのが最初でした。イスラエルは軍役が義務です。そのイスラエル軍の技術系トップ25人を選抜する超エリートプログラム「Talpiot」の元メンバーが創立した会社の製品紹介でした。

タクシーで箱崎に戻るときに、彼から「日本人は、どんな思いで軍隊(自衛隊)に自ら参加しているの?」と聞かれ、相手が納得する回答を、年輩だろうが私だろうがともかくだれもできなかったのを思いだします。

防衛省の敷地に隣接する、自衛隊(正しくは防衛省の共済組合)が運営するホテル「グランドヒル市ヶ谷」には、名古屋時代の出張で何度か泊まったことがあります。広くてきれいで、とても快適なのです。

20年前の今ごろ、新卒で入った会社を辞めるとき、最終出社日にランチを食べたのもこのホテルでした。本当にお世話になった専務に誘っていただきました。その前後に客先訪問と引き継ぎが入っていて開放感に満ちているどころか余裕ゼロで、なにを話したかは記憶に残っていません。「ゆったりと若い世代と今後の話なんかを」といった専務の思惑からは、外れていたようでした。

en.m.wikipedia.org

なにやってもうまくいかず修行一筋のタイミング

f:id:tak_jp:20190303085103j:plain

アイネット証券 ループイフダンの月ごとの運用成績です。FXの自動売買です。個人用口座、USドル/円のみ、手間ゼロ運用です。元金は500万円ですが、100万円でも同じ結果になると思います。

さて、今年に入ってから、楽しいことばかりではありません。株価が下がったまま新年を迎え、そのはじめに母が倒れ、猫が亡くなり、義理の父が亡くなりました。

昨年の夏ころに立ち上げた副業プロジェクトは、福利厚生大手との提携が棚上げとなりサイト閉鎖です。同じころから進めていた、出資先会社のとある東証一部上場企業への売却がダメになりました。昨年立ち上げたひとり社長の会社は、決算で思ったよりずっと赤字だったことがわかりました。

何やっても修行になるタイミングのようです。ノリと運だけで生きてきたツケの支払いが、今年のあたまから始まったようです。

とはいえ、妻や私の身になにかあったわけではありません。ノーダメージです。心も体も元気です。風邪すらひいていません。こんなときも、新しいことを始めるチャンスでしかないと思っています。

メンタルやられずのんきなこと言えるのも、不動産やFXの自動売買など、安定した収入源をいくつも揃えておいたからでしょうか。まずは「いろいろダメになったら飲みに行きましょう!」と以前に言ってた知人に連絡とって、お酒を楽しもうと思います。

ひとり社長がひとりで法人の電子申告と電子納税までできました

f:id:tak_jp:20190302072239j:plain

昨年2月1日に設立して今年1月31日に期末を迎えた法人の、第1期決算処理を終えました。個人の確定申告と違ってやたらと大変で、2週間ほどかかりっきりでした。昨日から開放感に包まれています。

ひとり社長の会社で、いばれることではないですが当然に赤字です。しかも、どんぶりですから思ったよりずっと赤字でした*1。複雑なスキームなど使わずとも法人税ゼロで、都民税が初年度で64,100円です。よって、税理士さんに依頼しませんでした。書籍とネット検索、そしてマネーフォワード クラウド会計(ライトプラン)のおかげでひとりでもすべての申告を終えられました。

初回はひとつひとつに時間がかかるわけですが、仕訳に時間をかけすぎました。実際、アマゾンでカード決済した備品などの仕訳は、自動取り込みでも面倒です。そこで、最強の勘定「社長借入金」の登場です。難易度が高い現金勘定はもちろん、個人クレジットカードもSuicaもPayPayもすべて社長が立て替えた処理にします。もっと早く気付けばよかったです。

また、不動産の業界団体に支払った高額な入会金などの仕訳や固定資産への計上も、団体によるいい加減な公式説明に惑わされ、何度もやり直しました。さらにこの業界には実質強制加入の政治団体があって、献金なのか寄付なのか微妙なお金は法人ではなく個人名義だったり。このあたりはどこかでまとめますが、会社のサイトのほうがよいかなぁ。

さて、わりと大切なポイントは「ラクできそうなクラウド会計は電子申告できないし、さらに申告書の作成もできない。できるのは決算書作成まで」です。この境目の実感は、最後になるまで本当にわかないものです。20枚ほどになる申告書の作成は税理士の牙城であり、電子申告を推奨する書籍も皆無のようです。それでも今回は、無償のe-taxソフトとPCdesk(eLTAX)を使い、ひとりですべての申告書の作成と電子署名と送信による電子申告、そして電子納税も完了しました。

もうひとつ。途中でいろいろな誘惑がありますが、断ち切ったほうがラクですね。数円の銀行口座の利子を仕訳から省いてみただけでも、そのあとの処理がむしろ何倍も面倒なんです。隠し事はなおさらでしょう。とにかく、ありのままを処理するのが、まずはよさそうでした。

新版 ひとり社長の経理の基本

新版 ひとり社長の経理の基本

*1:勤め人をやめたあと1年目の「感覚と数字のズレ」が激しいことは、だれもが経験することなのでしょうか。先行投資♪みたいな前向きな気持ちも、数字では残酷なものです。

NewsPicksと幻冬舎がもめていた件

f:id:tak_jp:20190301103703j:plain

業界の権力者が、若い世代によるスタートアップからビジネス切られて当たり散らしていることが話題になっていました。見城氏も、いつもの「義理や仁義や恩義」もよいですが、若い世代ともうちょっとうまく付き合えなかったのかなと思います。

kabumatome.doorblog.jp

さて、ビジネス相手にも義理を強いられるほど「本当に」義理一筋で生きてこられたとしたら、それはラッキーだったか、極めて特殊な環境にいたかのどちらかでしょう。そして、たいていは、自分では数え切れないほど義理を欠いてきたのに、まったく自覚していないか、他責にしてつじつま合わせしているだけです。

私は強いメッセージを出す「他人に厳しく、自分に厳しい」ひとに、これまで会ったことがありません。そうみえても「他人に厳しく、自分には甘い」けど自己評価が異常に高くて真逆のひとがほとんどで、一部の尊敬するひとが「他人には寛容だけど、自分には厳しい」です*1

「圧倒的努力」も立派ですが、努力を可能とする環境は当たり前ではありません。そもそも、水汲みしないで良いのはだれのおかげなのか、毎日安全な食べ物を口にできるのはだれのおかげなのか。「努力できる自分」を支えるすべてのなにかへの感謝の気持ちがあれば、努力など「がははっ!」と部下や読者やキャバ嬢に誇るものではなく、単なる義務にすぎないと気づきそうなものですが。

というわけで、若い世代によるスタートアップを応援するのが、私のこれからのテーマです。私たちの世代は、老害とよばれるひとに「尊敬してます!」とか「兄貴!」とか言って媚びつつ利用することに長けていましたが、これからの世代は全然違うので楽しみなのです。

肝心のNewsPicksは……私はサイトを見た記憶がありません。ただ、サラリーマン時代にその運営会社とよいビジネスができました。当時はSPEEDAだけだったような? オフィスも青山近辺でしたが、当時の私の勤め先の兄弟会社が建てた六本木のビルに、昨年の夏に移転していました。

*1:「他人に寛容で、自分にも甘い」ひとは存在しないように思いますが、心理学的に、進化論的になにかあったりするんでしょうか。石器時代で滅んでいそうな遺伝子的特性だとは思いますが。