読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年に40歳代サラリーマンが買った「いいもの」 キッチン家電/小物編

みんな大好き「買ったもの」「いいもの」リスト。ひたすら外食だった目黒から、グルメ不毛の地として全国に知られる番町エリアに引っ越し、「自炊トランスフォーメーション」「すべての食事を自炊にする」だった2016年、わが家のキッチンまわりも進化したのでキッチン家電/小物編を書いてみます。

目次

三菱電機 冷蔵庫 MR-JX48LZ-RW 

新居の冷蔵庫置き場には容量700Lといった最大級の大きさの冷蔵庫も余裕で入るんですが*1、子どもいないわが家にはいらんので、10年ぶりの買い替えで背の低いモデルにしました。それでも容量470Lなのは驚きなんですが。

冷蔵庫は新技術も出てこないのでどれ買っても不満はないですね。それにしても、定番メーカーの冷蔵庫は同じ容量でも高さや奥行きの違いでサイズがたくさんありすぎ、パネルの材質やら色やら選択肢をつくりすぎ。価格のボラも高すぎで買い時の見極めは新興株より難しい。

日立 ドラム式洗濯機 BD-V9800L

これまで洗濯機は東芝ドラム式→東芝ドラム式→シャープ縦型→これ(日立ドラム式)です。新居の洗濯機置き場がキッチンにあり、風呂から遠くて残り湯が使えないことから、水量が少なくて済むドラム式がいいかなと(洗濯機置き場がキッチンにあるので、キッチン家電にまぜてみました)。

買ってよかった。乾燥機能がとてもすてきで、日立ビッグドラムならではの「風アイロン」でシャツでもシーツでもしわができない。妻の普段着も、オーダーで作ってる自分のワイシャツも、クリーニング屋さんに出すことがなくなりました。ヒートポンプ式ではないのに消費電力はさほどでもなく、設計がんばってます。乾燥一回ごとにホコリをあちこちから取りまくるのが手間ではあるんですが、干したりアイロンかける手間と比べたらねぇ。

リンナイ 炊飯専用鍋 RTR-300D1

デリシアの真ん中コンロの使い道がなく困ってたら、そこ、炊飯用に使うのがいいんですよってことで炊飯専用鍋を買ってみました。独身時代に買ったことあるんですけどね。食洗機に突っ込んだら変色でぼろぼろになったんですけど。

三菱電機の炊飯器で十分に早くおいしく炊けるからガスいらないよねーなこの頃でしたが、「お米が立ってる!」と妻にも好評です。ふたがガラスゆえ、炊飯中のあぶくぶくぶくがみられるのも楽しみです。ガス炊飯のコスト(光熱費)は、たしか電気の10倍くらいかかるんで、このくらいの差があるといいですね。

ヨシカワ シーズ・クッキング 広口ケトル 1.6L YJ1814

シーズ・クッキング 広口ケトル 1.6L YJ1814

シーズ・クッキング 広口ケトル 1.6L YJ1814

 

バルミューダの「やかんで給水する加湿器」(Rain)を使わなくなったので、やかんもちっちゃくしていいだろと、この安いけどデザインも申し分ないやかんに買い替えました。

湯沸しはティファールが定番のようですが、むかーしにラッセルホブスの電気ポット使ってた40歳代からみると「なにこのおもちゃ……」で選べませんでした。あと、沸騰はデリシアで管理できるからやかんがホイッスルとか鳴らさないように、とか気にしてたら案外と選択肢はなかったのでした。

ボダム BISTRO 電気式コーヒーグラインダー

bodum BISTRO 電気式コーヒーグラインダー ブラック 10903-01JP

bodum BISTRO 電気式コーヒーグラインダー ブラック 10903-01JP

 

毎朝のコーヒーは、コーヒーマイスター監修のもと「おいしく淹れる条件をマシンにプログラムし、限りなくハンドドリップに近い味わいを追求した」HARIO V60 珈琲王 でいれてます。「店長のおまかせ」で挽いてもらった豆でいれたコーヒーに満足してましたが、ふとひと手間加えたくなって、このグラインダーを買いました。前からメリタの電動ミルもあります。なので、ええ、衝動買いです。

このグラインダーで挽いた豆を使うと、珈琲王ご自慢の「蒸らし」工程ではちゃんとふっくら膨らんできます。それをひと目みるだけでも、ひと手間加える価値があると思ってます。

TWINBIRD コンパクトフライヤー EP-4694PW

TWINBIRD コンパクトフライヤー パールホワイト EP-4694PW

TWINBIRD コンパクトフライヤー パールホワイト EP-4694PW

 

揚げ物をやりたいけど、使う油は少なくしたいってことで買いました。本体が油ポットも兼ねているので(たぶん)、さっと取り出してコンセントにつないでちょっと待つだけというシンプルな準備で揚げ物ができます。電源スイッチ、ないんです。しまうのも、油粕をすくいとって冷ますだけ。鍋とか洗う必要もなく、感動的でした。

これで鶏肉とか鮭とかあれこれ揚げて好評でしたが、買った真の理由は、漫画「マスターキートン」に出てくる金蓮のウィスキー入り豚肉の唐揚げを再現すること。2017年にやることリスト100に入ってます。

曙産業 米とぎ棒 KT-091

米とぎ棒 ホワイト KT-091

米とぎ棒 ホワイト KT-091

 

お米は手で研ぐのがプロっぽいと信じてました。が、そもそもプロは何合も研ぐのに手でどうこうできるレベル超えてるからなんか器具使ってるだろうと思い、米とぎ棒を買いました。

漫画「美味しんぼ」の影響を受けてると、器具使って研いだご飯は「食べられたもんじゃない」気がしてきますが*2、実際はそんなことなどなくとても美味しいです。冬場でも妻がお米研ぎをするようになったのもよかったです。

藤井器物製作所 3WAY水切りボール 

藤井器物製作所 3WAY水切りボール

藤井器物製作所 3WAY水切りボール

 

お米を研ぐためのボールとして買いました。これまでは「クック膳」についてきたプラスチック製のザルを使って手で研いでました。金属だとお米に金属臭が移るんじゃないかと。いやでも、ステンレスって魚の生臭さもとれるステンレスソープがあるくらいだから、ステンレス製なら問題ないんじゃ?と納得してみました。

お米マイスターといった職人さんが精米した仁多米をいかに美味しく炊くか、みたいなことやってた独身時代ならともかく、ふるさと納税で「1万円でお米20キロの返礼品」に喜ぶこの頃なので、これでいいんです。

パール金属 ざるそば皿 H-5281 

これまで自宅で麺をゆでるのは、鳥越製粉(2009)の優待で送られてくる特製そうめんだけでした。ひと夏の休日お昼の食事が、この優待で終わります。目黒はお蕎麦屋さんにもうどん屋さんにも恵まれていたのでよかったのですが、新居では蕎麦もうどんも自炊です。というわけで、ゆで太郎などででてきそうなざるそば皿を買ってみました。

すのこかぁ……洗うの面倒そうだなと思ってましたが、洗剤を投入しない食洗機で洗えてます。

KEYUCA タオルハンガー タオル掛け | pico タオルバー 15

新居のシステムキッチンにハンドタオルをかける場所がなく、さらにオプションで用意されてるタオルバーが酷評されてて買うに買えずに困ってたところ、純正オプションより純正っぽいこの商品をみつけて買いました。

でもKEYUCAってこういうニッチ狙いアイデア商品みたいので勝負かけるブランドでしたっけ?

スマイルキッズ グレープフルーツしぼり革命

漫画「マスターキートン」で、オリンピックのメダルをめぐる男の友情を描いた回「FIRE&ICE」に名セリフ「ファイアマン!! ワインを慎め。それから……新鮮なグレープフルーツジュースを飲むんだ!!」があります。グレープフルーツをしぼって飲んでる日本人の多くは、これがきっかけでしょう。自分もそのひとりです。

IT業界にいると、革新的で、すべてが再定義され、破壊的で、世界を変えるテクノロジーに日々出会うことになりますが、ほんとどは従来製品やサービスの正統進化です。このグレープフルーツしぼりも「革命」をかかげますが、少ししぼりやすくなった便利グッズのひとつだと思うのがよいです。

*1:わが家の前には著名なグルメレポーターが住んでました

*2:米粒の大きさが不揃いだと炊きあがりに微妙なムラができて、そのムラが決定的な味の差になる、みたいな