読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年に40歳代サラリーマンが買った「いいもの」 住宅編

みんな大好き「買ったもの」「いいもの」リスト。2016年には自分は過去10年で6件目のマンションを買ったので、不動産と住宅設備編を書いてみました。2016年の不動産市況は、特に都内マンションは惨憺たる状況だったようです。そんなときに買ってしまってよかったのだろうかといまでもたまに思うわけですが、買い時、売り時なんてだれにもわかるものではないんです。と、言い聞かせてます。 

目次

番町のマンション

2012年に買った目黒のマンションに永く住むつもりだったので、これは衝動買いです。住宅を買うときは、うんうん唸りながら決めるんじゃなく、直感でいいと思ってますから自分にとっては正しいんですが。内見したいという電話から審査、売買契約まで1日で完了できるとわかったのも収穫のひとつです。新築の番町アドレス物件はいまや坪600万円とか条件よければ坪1000万円……。いくら中古マンションが安いとはいってもまともに考えてたら買えませんがな

サラリーマンにとって千代田区、特に番町アドレスのマンションはゴールだと思ってます。10年は住みたいですね。

リアリティアミラー

新居の玄関は明るい素材で統一されていて、鏡が青っぽくみえるとやだなーで姿見はリアリティアを買いました。工事担当者はともかく、お店の対応と鏡はとてもよかったです。

自分は壁の全面を鏡張りにしようと思ってたところ、妻がつよーく推した小さめサイズに変更。450x1500mmです。余計なモノが写り込んだりして「うるさくなる」こともなく、壁に手をつけるスペースも残って大正解。鏡にも正しいサイズってのがやっぱりあるもんです。

リンナイ デリシア

ビルトインガスコンロでおなじみのデリシアです。新居のキッチンには標準グレードのなかでは上位モデルのコンロがついてましたが、迷うことなくデリシアのクリアホワイトミストに交換。工事費諸々税込で14万円弱。五徳はステンレスとホーローが選べて、もちろんステンレス。ココットやココットダッチオーブンがあると、全自動で調理してくれるのも便利、便利。

実家では東京ガスのOEM、たぶん初代モデルを前から使ってます。これで外食の回数が減り、妻と料理を楽しむ時間も増えます。ダイヤルくるくる回してピコーとかピピーとか言わせながら。麺ゆでも全自動で吹きこぼれることなく、グリル料理も手間かからず。ほら、目を離してジュワわ~とか吹きこぼれてたり魚焦がしてると、脳のなかはかなり険悪感情になるでしょ。それが、なくなる。おかげで、ふるさと納税の返礼品に鶏肉や豚肉、魚や野菜などを積極的に選ぶようになりました。

LIXIL INAX サティス Sタイプ

新居のトイレも、入居前にINAXのサティス Sタイプ SR8Aグレードに交換しました。工事費諸々税込で21万円強。INAXのサティスはTHE TOKYO TOWERSの標準設備でしたが、こちらは2016年に出た、デザイン一新のモデルです。トイレはINAXのサティスとパナソニックアラウーノTOTOのネオレストから選ぶわけですが、2016年はサティス一択だったような。世界最小のタンクレスなので、これ以上トイレ内をすっきりさせようがありません。どんなに高価でもよいならGROHE センシア アリーナがあります が、こちらもベースはサティスのはず。

自動でフタが開いたり閉まったりするフルオート便座は必須、森のせせらぎとか音楽とか奏でてほしいとなると最上位(S8)になるのですが、実売での価格差はわずかなので最上位一択でした。

TOTO 台付自動水栓 発電タイプ 単水栓

新居のトイレの手洗い用水栓は、水流だけで発電するかしこい自動型に交換しました。TOTO 台付自動水栓 発電タイプ 単水栓 TENA12AWです。工事費諸々税込で6万円弱。

手を蛇口の下にかざすと水が出て、ひっこめると止まるという、説明するまでもない機能がついてます。できることに対しては安いと信じますが、投資対効果は正当化できるものではなく、自己満足です。

パナソニック エアイー

新居には広めのシューズインクローク(SIC)があります。SIC、10年前にはまだ流行ってたんですね。和室と同じく、近ごろの新築ではほんと見なくなりました。この広さの密室空間の臭いとりは木炭おいてどうこうできるレベル超えてるので、天井埋込型ナノイー「エアイー」をつけてもらいました。

スイッチもなく常時稼働ゆえ効果はわかりにくいんですが、山手線の新型車両にもついているくらいなので実際に効果あると信じてます。少なくとも、イヤなにおいがしたことないです。工事費諸々税込で3万円弱、月の電気代も60円。ウォークインクローゼットにもつければよかったな。

パナソニック ラフィーネア コンセントプレート

これはあまり人に教えたくないライフハックなんですけど、5000円と手間かけてすべてのコンセントやスイッチプレートをラフィーネアシリーズのスクエア+ウォームシルバーに変えるだけで、中古での売り出し価格を1000万円アップできます。うそのようでほんとの話です。