マンション買って幸せになるにはどうすればいいのでしょう その4

大きな試練。それは「超築古である」ことでした。できてから約半世紀。年齢を超えた築年なので、超築古です。マンション営業なら「不動産も結婚と同じ、縁で結ばれるものなんですヨー!」とノリだけで言いそうですが、それならお前は附属上がりでミスなんとか大学なハタチの彼女と別れて、縁だけで50歳年上と結婚できんのかよ!って話ですよ。

ま、乗り越えました。「ここ絶対欲しい!」でしたから。いまも昔もネットで築古に触れた記事は、経験したこともないブロガーや傍観者たちによる「憶測」「妄想」もの、評論家面した優劣論ばかりでクッソ役にもたたんわけで、腹くくるだけのこと。モモレジ氏以外のマンションブロガーみてわかるように「自分を正義側だと思い込み、相手(デベ)を制する力を持った者は、瞬時に傲慢なモンスターに成り下がる!」んだ。「正義を声高に叫び、ブログやTwitterでいい気になって力を振りかざしている」だけなんだよっ!

ともかく、

その築古マンションは自分にとって、自分たちにとって「何もかもが正しかった」のです。正しい街であり、正しい道のりであり、正しい風景であり、正しい高さであり、正しい広さであり、正しいぬくもりであり、正しい風通しであり、正しい静けさであり、そして、おそらく「正しい古さ」なんです。

出会ったときの直感を大切にして、ロジックに破たんがあったとしても捻じ曲げればいいだけのことです。人間なんだから。AI(人工知能)だったらサラリーマン向けには湾岸タワマンや、一度も行ったことなくて地名も知らないけどぎりぎり都内みたいな新築大規模マンションばかり選んでくるでしょう。でも、年齢や収入や親からの援助額、何を優先するかの項目とマルバツ評価、漠然としたリセールバリュー期待で合理的な物件選びをするのは、AI以前の領域です。わざわざ人間がやるのは、まったくもって愚かです。

特にリセールバリュー。未来の予測は人間にとっても、AIにとっても困難であるにもかかわらず、統計データに頼りすぎているのはとても危険です。

中古での売り出し価格が妥当なのか、「適正価格」との乖離があるのかも、気にしても仕方ないです。ぼったくりじゃないかとか、足元みて買いたたいたろかとか。他人がマンションでいくら儲けようが損しようが自分には何の関係もないんですよ。湾岸タワマン売って儲けてるの見て焦ったり、郊外団地買ったひとが損したの見て安心したり、「リセールバリューを気にするのが賢いらしい」とか思って物件を選び始めるのは、賢者モードの最初の一歩を踏み出してるので要注意です。

さて、

少しリフォーム入れて入居してみたら、「いかに高い理想を持ち、いかに大きな期待を胸に抱き入居したとしても、決して失望することのないマンション」でした。建物全体では平均面積で90平米以上、高い駐車場設置率でもちろんすべて地上平置き。富裕層、オーナー経営者、会社役員しか手に入れることができなかったマンションは、約半世紀という長い年月を刻み、住民の多くが入れ替わりながら、なお昔と変わらないたたずまいでした。その地域の一番いい場所に、一番のメンバーがチームになり、一番いいマンションをつくれ、一番住民に恵まれた時代があったんですな。

f:id:tak_jp:20161120093621j:image
そんなに、古いマンションが好きなのか? いや、レトロだヴィンテージだと言葉変えようが、自分は確かに「古さ」を恐れていました。しかし、その恐れに打ち勝つことで、大事なものを手に入れることができました。「マンションを見る目を育ててくれるものとは、何だと思いますか?」「さあ……難しい質問ね。お勉強? それとも経験?」「いえ、出会いと--そして、試練です」なのでしょう。人とおんなじなんです。

当時の住宅ローンはあってないようなものでした。自宅が欲しいひとは、限度額が1000万円、期間が最長で10年、金利は10%といった、いまの闇金レベルの融資に申し込み、さらに抽選に当たらないといけない時代でした。この国にはお金がなかったんです。高度成長期にあって国家予算は満身創痍、新幹線も首都高も東名高速発電所も、どれも世界銀行から借金してつくるしかなかった、「実は戦後復興が終わってなかった」時代に企画されたマンションでした。

もちろん、いまのこの国はお金が剰りすぎですから、赤い銀行も青い銀行も、住宅ローン35年、申し込んだら即日で新築と同じ金利で出してきます。住宅ローン控除は築年が古すぎて使えませんが、あんなのは価格を吊り上げるだけの愚策ですわ。

リフォームにかかるお金も気になりますね。サッシとガラスの全とっかえで120万円。掃き出し12枚と腰高4枚の合計で、不二サッシのカバー工法で高性能サッシに、ガラスはLow-Eや複層にしてこのくらいです。作業も半日だったかな。キッチンやトイレはサンリフレプラザに頼んで60万円くらいだったか。コンロはもちろんデリシア、蛇口はグースネックのどれか、便器はサティスのタンクレスでふたも自動開閉して音楽とか流れるのにして、手洗いも自動化水栓つけるくらいでいいんですよ。

まとめ。THE TOKYO TOWERSに限らず、港南や芝浦や豊洲の湾岸タワマンを売って、目黒の築古マンションを買って住むのは「あり」です。幸せになれました。築古は安く、リフォームも安いので、お金の心配もないでしょう。