「iPhone 5sとApple Watch Series 2」でSuicaを使う

2016年10月25日から「Apple Pay」でSuicaが使えるようになったので、さっそく自分でも使ってみました。iPhone 5sApple Watch Series 2の組み合わせです。うむ、だれも興味なさそうな組み合わせです。

で、使えるようにする作業のポイントです。

  1. iPhone 5sに「Suica」アプリをダウンロードして開く。
  2. Suica発行で「My Suica(記名式)」を選択する。
  3. Suicaの名称とクレジットカード情報を手入力して登録する。
  4. 流れに沿う(つまり、省略)。

省略は手抜きではなく、iPhone 5sApple Watch Series 2の組み合わせでは、1~3の流れが分かって始めることが何より大切で、そこをクリアすれば簡単だからですな。

iPhone 5sSuicaの確認をするには、「Watch」アプリのマイウォッチから「WalletとApple Pay(Suica登録後に「Wallet」から名前が変わってる?)」を選択でOK。もちろんSuicaアプリを使ってもOK。

Apple WatchSuicaの確認をするには、Apple Watchの「Wallet」を選択でOK。Apple Watch用のSuicaアプリはありません。

Web記事にあるような、iPhoneのカメラでクレジットカードを読み取らせることは「ない」です。Apple WatchのWalletアプリにはSuicaがでてきますが、iPhone 5sのWalletアプリは空っぽのままです。Wallet用ANAアプリとか入れても何もおこりません。

Suica」アプリで登録できるクレジットカードが、Apple WatchApple Payで使えるとは限りません。自分はNGでした。どーゆーことかというと、(Suicaではなく)Apple Payに対応したカードをiPhone 5sで登録してないと、Apple WatchだけではSuicaへの個別チャージができないようなんです(確認できていません)。iPhone 5sSuicaアプリで個別チャージやオートチャージ設定ができるので自分は問題ないですが。

Suica」アプリにはさくっと登録できたけど、「Apple Pay」ではじかれた自分のクレジットカードは、スーパーICカード Suica三菱東京UFJ-VISA」です。支店口座のキャッシュカードとクレジットカードとSuicaが1枚にはいってる、とっても便利なカードです。おすすめかどうかはわかりません。

ざっと設定すると「エクスプレスカード」としてSuicaが自動登録されます。ボタンいじらずにリーダーにかざすだけでSuicaが使える状態です。「エクスプレスカード」って、出張族にとってはJR東海のアレであり、SuicaとのセットだとEX-IC(エクスプレスICカード)も頭によぎり混乱しますが、どちらも無関係です。

使うときも、作法しきたり心得など必要はなく、ふつーのSuicaでした。もちろん、ラッシュ時のJR改札でデビューする勇気はなく(Suicaシステムもずっと障害中だし)、コカコーラの自販機でコカコーラゼロ買ってデビューしました。

まとめるとiPhone 5sApple Watch Series 2の組み合わせでも、Suicaの追加は簡単です。自分はANAアプリを追加したり、何枚ものクレジットカードをiPhoneのカメラでおっかけたりして2時間くらいウォーミングアップしましたが、手順にしたがえば5分で完了です。クレジットカードはどうもしばりが強いようではじかれやすく、しばらくは混乱しそうです。